多読は楽しく

成城楓塾では週に2回定期利用されているお子様には多読教材の貸し出しをしています。

「今日は〇〇ちゃんに何を持ち帰ってもらおうかなー」と子どもの顔を思い浮かべながら本を選ぶ時間がいつもとっても楽しみです。

貸し出しを始めたばかりの時期は、なるべく絵だけの本を毎回お貸しするようにしています。親御さんと挿絵を眺めながら「この子どうしてこんな顔をしてるんだろうねぇ」なんて想像力全開にして語り合ってくれてたら嬉しい。

読み聞かせしてもらう為の長過ぎなくて面白い本を何冊か・・・動物が好きな子だからこんなのも混ぜておこうかな。

StoryStreetのマジックエレベーターシリーズもウケがよいから入れてみよう。

こういうの読んでくれるのも低学年のうち。フォニックスが定着してきて自力で英単語が読むのが楽しくなってきてるからこういうのも入れとおこう。

この前ママがCynthia Rylantのお話が好きって言ってたからPOPPLETONも入れておこうかな・・・

と、貸し出す本は増えていくばかり。いやいや多過ぎたらいかん!ともう一度選び直したりして私達なりに厳選した本を持ち帰ってもらっています。

次回やってきた子どもに「この前貸した本どうだった?」と聞くのも楽しみです。

「POPPLETONが水ぶっかけたところ笑った」「あぁ~あそこね!」と語り合いながら、(これってもう立派なブックトーキング!)と心の中でニンマリしつつ(そういうところに興味があるのか・・・それじゃ今度は・・)と次に持たせる本の参考にしたりとか。

 

この前子どもが嬉しそうにこんな事を言っていました。

「赤ちゃんが寝たあと、お母さんが僕だけのご褒美に英語の絵本を読んでくれるんだ」

素敵ですねぇ~!!これぞ多読の理想と思いました。

特に子どもの多読は、安心、楽しい、嬉しい、面白い、ワクワク、といった快の感情をベースに進めてほしいと思っています。多読の時間=全肯定してもらえる子どものサンクチュアリであってほしいと願っています。

英語に限らず学習とは子どもの神経回路を発達させること。間違いを指摘されるかもと心配で萎縮している時と、親御さんの傍らで安心して思ったこと感じた事を好きに話して、それを全肯定してもらっている時間とでは、どちらが神経回路がノビノビと育つか、自明ですよね。

だから

今日も

Happy Reading!!

 

※このブログの無断転載を禁じます。

 

 

おめでとう

もう3月も終わり。

あと数日で新しい年度が始まりますね。

先日、この4月から中学生になる子ども達が

卒業式の帰りに顔を見せてくれました。

「英語にけっこう力入れてくれる学校です」

「中学3年間特待生です」

「都立に行きます」

それぞれ嬉しそうに進学先を報告してくれました。

いつの間にか背も高くなっていて立派で頼もしいスーツ姿。

そこに彼らが低学年のひよひよだった頃の姿が重なり

胸がいっぱいになりました。

卒業おめでとう!!

新しい学校で新しい友達と新しい世界を満喫してくださいね。

 

もう高校生になる楓の卒業生さんからも

素敵なお便りを受け取っています。

ある子は中学を卒業する時、環境に関する立派な内容の論文を書いたとのこと。

小学生の時からちょっと変わった自由研究に打ち込んでいた子だったけど、

その頃と変わらず我が道を行く姿、素晴らしいですね。

中学時代をアメリカで過ごし今年度から日本に高校に編入する子は

もう既にTOEFL90点以上。100点越えを目指して頑張っているそうです。

もう一人の卒業生さんは、学内の長期留学プログラムの選抜メンバーになったと

連絡してくれました。難関校なので、さぞや狭き門だった事と思います。

是非、実りある体験をしてきてほしいと願っています。

 

楓を卒業しても折々にこんな連絡を頂けることは学童保育冥利につきますね。

また、楓での学びが今もお子さんの中に息づいているという言葉も頂き

とても有難く、嬉しく、光栄に思います。

これからも何かあったらいつでも気軽にお便りくださいね。

勿論いつもこんな立派なお便りでなくてもいいんですよ。

別に特別に何もなくても、失敗や挫折の愚痴でも待っていますよ!

頑張れ 楓の子ども達!

いつも応援しているからね!!

 

※楓塾では卒業生さんによるボランティアも受け付けています。

英語、プレイリーダー、紙飛行機づくり、絵画・・・

何か楓でやってみたい事があったら相談してください。

(ささやかですが日本語、英語表記の証明書を発行します。)

 

 

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます。

昨年はニュースで、戦争で泣いている子どもの姿を何度も目にしました。

ささやかながらも日々、子どもに関わっている者として

心を揺さぶられずにはいられませんでした。

一日も早くそのような悲劇が終わるよう心から祈ります。

そして成城楓塾の子ども達には

どの国の子どもも安心して子どもらしく暮らせる、

そのような未来を創造し得る

優しく強く賢い人になって欲しいと願っています。

2024年は、そうした想いも胸に抱きつつ

お子様にとってより良い放課後時間をご提供できるよう

より一層努力して参る所存でございます。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2024年1月1日

成城楓塾

加藤貴子 加藤すみれ

今年もお世話になりました。

早いものでいつの間にかハロウィンが過ぎ・・・

クリスマスも終わりました。

そして冬休み。長期休み中はいつもより人数が増えるので子ども達は大はしゃぎです。最近流行っている遊びはホテルごっこ。今日も「ホテル楓」が開業して大変盛り上がっていました。

低学年の子達はレストランで出すメニューを作り、積み木や毛糸を使った「お料理」に精を出し、おもてなしのやり方をワイワイ話し合って決めています。一方高学年の子達はパンフレットに載せる挨拶文(かなり本格的で驚きました)を考えたりアンケートを作成したりと、いろいろな学年の子が一緒になって遊べる遊びなのですよね。木枯らしも吹き飛ばすような元気な声が一日中賑やかに響き渡っていましたよ。

汗までかいて夢中になって遊んでいる子ども達の姿を見ていたら、こちらまで幸せな気持ちになりました。このような満ち足りた気持ちでこの年の最後のお預かりを終える事ができ、心から感謝です。

おかげ様でこの一年も無事に終える事が出来ました。来年も楽しく穏やかな、子ども達が子どもらしく伸び伸びと過ごせる放課後時間を提供していきたいと思います。

今年も大変お世話になり誠に有難うございました。

来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

成城楓塾

加藤貴子 加藤すみれ

卒業生さんが読み聞かせボランティアに来てくれました。

夏休み目前の7月、楓塾の卒業生Rちゃんが顔を出してくれました。Rちゃんは中学入学後に渡米し現在アメリカのハイスクール1年生です。

Rちゃんは楓塾に通っている頃から勉強も英語も頑張っていて、こちらでは英語の本を1000冊読んで卒業したんですよ。そんな彼女が遊びに来ると知り子ども達は大喜び。英検1級の筆記に合格してもうすぐ面接試験を受ける予定と聞いてワァワァ言いながら『英検1級がんばって』のパネルを作ってお出迎え。(なんて可愛いんでしょう笑笑)

そんなRちゃんに英語絵本の読み聞かせをしてもらいました。さすがに上手です。英語スピーチコンテストの入賞経験もあるRちゃんの張りがあって落ち着いた声と綺麗な発音にみんな聴き入っていました。

わりと長い本もじっくり聴いていましたね。

せっかくなので日本に滞在中、何度か読み聞かせに来てもらう事にしました。

個別で英語の音読もみてもらいました。普段はとっても大人しいお子さんもRちゃんの優しいリードにリラックスして元気よく読めていました。

来年に中学受験する子にも声をかけて久しぶりに来てもらったりもしました。やはり小さい頃から英語を頑張ってきた子だったので英検の面接がどんな様子だったのか、とかアメリカの学校の話を聞かせてもらいました。受験が終わったらまた英語を頑張りたい、中高生になったら短期留学したいという話も出ていました。

そして最後の日は英検1級二次面接合格の報告も兼ねて来てくれました。

Rちゃんすごい!おめでとう!!

子ども達の素晴らしいロールモデルとして良い刺激を与えてくれた事への感謝の気持ちを込めてささやかな感謝状を進呈しました。

Rちゃんはアメリカに帰ったらすぐにサマーキャンプに参加するそうです。どうかこれからも元気にアメリカ生活を満喫してね!今回は本当に有難う!!!

そしてこれを読んでる卒業生のみなさん、長期休み等に顔を見せがてらボランティアに来ませんか?

多読、アート、工作、実験、勉強、子どもの遊び相手等々、楽しみながら出来ることをやってくれたら嬉しいです!

 

プラナリアを切る実験

早いものでもう6月。

ついこの前「志望校に合格しました」と清々しい表情で報告に来てくれた子を嬉しくお見送りしたばかりなのに、月日がたつのはあっという間ですね。

 

さて、成城楓塾では毎年GW明けからプラナリアを切る実験をやっています。プラナリアは2つに切ったら2匹に、3つに切ったら3匹になって再生するという凄い生き物で、子どもの一番最初の生物の実験にぴったりだと考えているからです。

プラナリアはきれいな水に生息している生き物です。川の中の石を拾って裏側をよーく見るとプラナリアがニョロっとうごめいています。その石を水の中でそっと振るとプラナリアが落ちてきます。

今年は野川で採集してきました。

連れ帰ったプラナリアは、しばらく断食させます。そうでないとプラナリアは自身の胃液で体が溶けてしまうのです。

一週間経過したら、いよいよプラナリアを切る実験を始めます。既に経験している子の手技はやはり上手です。初めてやる子にやり方を教えてあげたりしていましたね。

切ったプラナリアはシャーレに移します。しばらくの間こちらに来る度に自分が切ったプラナリアを虫眼鏡で観察してもらいました。懐中電灯の光をあてて光への反応を見て眼が再生したかどうかも調べます。

今年も全てのプラナリアがちゃんと再生していました。

それぞれの子に自分が切ったプラナリアが動いているのを確認してもらってから野川に返しにいきました。切っても切っても再生するプラナリアという生き物の不思議さを感じてくれれば大変嬉しいです。

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます。

国内でも世界でも大きな変動があった2022年

子ども達と過ごす日々の中でいくつもの希望を感じたと同時に

日常の暮らしをこれからも守っていきたいと強く願った一年でもありました。

成城楓塾は2023年も思いを新たに

お子様に上質な放課後時間をご提供出来ますよう

より一層努力して参る所存でございます。

ご指導ご鞭撻の程

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2023年 元旦

成城楓塾

加藤貴子 加藤すみれ

成城楓塾の冬休み2022

成城楓塾では年末年始(12月29日~1月3日)を除く月曜日から金曜日、朝8時から夜11時までお子様のお預かりを承っておりますので、どうぞご利用下さい。月に1回、週に1回、また不定期のご利用も承っております。料金は通常通りです。

定員は原則として一日六名様。いつも通り明るく静かな環境をご用意してお待ちしております。

また成城楓塾では英語多読教材を多数取り揃えています。ご興味のある方には多読経験者である保育者が多読の支援を致します。(料金は特にかかりません。)

保育中は手洗い、換気、マスク着用、消毒を徹底するようにしています。また勉強中、食事中はアクリルパーテーションを使用しています。さらに最新の空気清浄機を稼働させてコロナ対策に努めています。


お子様お一人お一人が、工作や読書を楽しんだり英語多読や学校の宿題、塾の課題に取り組んだりしながら充実した一日が過ごせるよう、保育者二名で丁寧にサポートさせていただきます。塾などの中抜けもご相談ください。(中抜けしている間の料金はかかりません。)

お昼ご飯、おやつ、夕ご飯のオプションもご利用ください。

アクリルパーテーションを使用して感染予防に努めながら、楽しく美味しいお食事タイムを心がけております。

 

 

日頃の活動の様子はhttps://twitter.com/seijokaedeでも発信しています。そちらもどうぞ御覧ください。お問い合わせはtakako.y.kato@gmail.comまでお願い致します。

 

 

成城楓塾のハロウィン2022

毎年恒例のハロウィンウィーク、無事に終了しました。

成城楓塾のハロウィンは特別なイベントは行わず、つけたい人だけコスチュームを着て普通に過ごします。そして夕方になっても部屋の電気を点けず、代わりにローソク風のライトや電飾でライトアップ。さらにへッドライト等の灯りで過ごしてもらいます。この時期は17時過ぎになると部屋の中は真っ暗になるので、かなり非日常感が楽しめます。

 

見慣れたはずのいつもの部屋がライトのスイッチを切っただけで、いつもと違う不思議な世界に・・・。

ハロウィンウィークだけはチュッパチャプスとチョコレートが食べ放題。(みんなしっかり歯を磨いたかな?)おやつやディナーも雰囲気が盛り上がるように少しだけ工夫しました。

成城楓塾のハロウィンが子ども時代の楽しい思い出の一つになってくれていたら嬉しいです。

ハロウィンが終わればもう11月。今年も残すところあと2か月になってしまいました。大切に過ごしていきましょう!

嬉しい近況報告

今日、卒業した生徒さんがお母様と一緒に顔を見せに来てくれました。

2年前にお父様のお仕事の都合でアメリカにお引っ越し、この夏に現地のミドルスクールを卒業されて一時帰国中とのこと。アメリカでの学校生活の様子を聞かせてもらいました。

小学校の時から何にでも頑張る生徒さんでしたが、アメリカでもとても充実した日々を過ごしていたみたいです。

学校ではアンバサダーという活動に取り組んでいたそう。これは障害のある生徒さんのコンピューター、テクノロジー、ミュージック、アートの授業のサポートをしたり、ベイクセールをして売上金を寄付したり、新入生を案内したりと多岐にわたる活動をするもので、このアンバサダー活動に携われるのは二人の先生からの推薦を受けた学業、人格ともに認められた生徒さんのみ。生徒会活動よりも重要視されているものなのだそうです。

彼女はそのアンバサダー活動をしている生徒達の中で特に優れた活動をしている二人に贈られるStudent Activity Awardを受賞していました。楓塾にいる時から面倒見がよく、上手に年下のお子さんの遊びの相手になったり勉強を教えてくれたりしている姿を見ていた私達は大いに納得でした。

学業は7thも8thも全教科80点以上をとってSilver Honor Rollをもらって修了。(でも成績表を見せてもらいましたが89点が1度あったのを除けば、全て90点以上でした!)

その他にもバンドでトランペットを吹いたり、ハロウィンで大好きなハリーポッターになっていたり、絵を描いてStudent Poster  Contestで賞金をもらったりとアメリカ生活を楽しく満喫しているようでした。

英語について聞いてみると、さほど苦労はしなかったそうで、ESLも他の生徒さんよりずっと早く卒業したそうです。お母様も本人も、こちらで多読をやっていたのもあるのではないかと仰っていました。

帰国してから受けた英検2級と準1級にも合格し、さらに上を目指すそう。昔からチャレンジ精神旺盛だったから、そうやって目標に向かって行動するのが楽しいのでしょう。これからも健康第一で、様々なチャレンジを楽しんで下さい。

こんなふうに卒業生さんに近況報告を聴かせてもらえるのは本当に嬉しい事です。生きていればいろいろな事があるのですから、(人生ずっと右肩上がりなんてあり得ない!が私の口癖です笑)どんな内容でもいいんですよ。

上手くいった時もいかなかった時も、成城楓塾のことを思い出したら、いつでもなんでも話に来てくださいね!

 

 

※このブログの写真、内容の無断転載を禁じます。